TEL
ホーム

よくある質問

ホーム > よくある質問

Q&A

皆様からよくある質問を集めてみました。下記以外にもございましたら、アドバイザーにぜひお尋ね下さい。

これからピアノを始めたいのですが、自宅にもピアノは用意したほうがいいでしょうか?

はい。ピアノを習われているほとんどの生徒さんが、ピアノを用意されておりますが、どんなピアノを用意すればよいか?いつ頃までに用意すればよいのか?現在では様々なお考えをお持ちの先生がおみえになります。ピアノをご用意される前に一度、習いに行きたい先生にご相談されるのも良いかと思います。

電子ピアノとピアノ、それぞれのメリットは?

電子ピアノのメリットは、音量調節が出来、いつでもお好きなお時間に練習できること、重量の軽いものであれば、自分達で場所移動が可能なことではないでしょうか。どなたでも気軽にきれいな音で、楽しむことができるのが魅力です。ピアノのメリットは、手や指の形、腕の脱力など、教室で習うことがダイレクトに音に反映されることが魅力です。

練習は電子ピアノでも大丈夫ですか?

はい。もちろん、最初から本物のピアノに触れて、感性を養うことも大切だと思いますが、ほとんどの初心者の方やお子様が、教室で最初に習うことは、音符の読み方や鍵盤の場所でありますし、ご家庭で最初から長時間の練習をされるお子様も稀です。教室の先生の方針にもよりますが、導入期であれば電子ピアノでも良いのではないかと思います。

電子ピアノの購入を考えています。どういったものがいいのでしょうか?

イメージ

電子ピアノは御用途に合わせて選んで頂ければ良いかと思います。例えば、お子様のお稽古用なのか、大人の方の趣味用かでも選び方は大きく変わってきます。タッチや機能は、それぞれの機種によって特徴がありますので、特にお子様がお使いの場合は、親御様が実物を確認しお子様の状況に合うものを選んであげて下さい。

実家にピアノがあるのですがまだ使えるのでしょうか?

音が出なかったり、鍵盤が戻ってこなかったり等、ご心配な点があればまずはピアノの先生等、信頼できる方に紹介して頂いた調律師さんにみてもらいましょう。また当店でも、調律師のご紹介をしております。安易に買い替え等を進めず、丁寧に見させていただいておりますので、お声がけ頂ければ幸いです。

子供向けの入門用ピアノはありますか?

イメージ

最近では、小型ピアノ、中古ピアノに人気が集まっています。子供達のための最初の一台ということで、リーズナブルな価格帯のものを多く取り揃えておりますので、ぜひその目でお確かめ下さい。

ピアノを2階に置きたいと思っていますが、補強は必要ですか?

イメージ

ほとんどの場合、補強は必要ありません。アップライトピアノ(縦型)は、重さが200kg~260kg程ですが、ピアノには下に4つのキャスターがついているので、4つに重さが分散されます。つまり、1つのキャスターには約50kg~65kgの重さがかかっていることになります。65kgというと大人の体重くらいですね。大人が4人いるとイメージして頂くと分かりやすいですが、それで底が抜けるということはまずありません。ですので、補強をせず置いてもほとんど問題ありません。御心配の方は、当店にお尋ね下さい。

近隣への音が気になります。音は小さくしたり、消したりできますか?

イメージ

できます。アップライトピアノの場合、3本ペダルのうち真ん中のペダル(弱音ペダル)を踏むと音が小さくなります。さらに小さくするには、背面に遮音材を取り付けたり、ご家庭でいらなくなった毛布等を貼り付けるだけで、通常よりも、ずいぶん音が小さくなります。さらに小さくするには、背面に遮音材を取り付けたり、ご家庭でいらなくなった毛布等を貼り付けるだけで、通常よりも、ずいぶん音が小さくなります。

マンションなのでサイレント付のピアノを探しているのですが。

イメージ

ここ数年、サイレント付(消音機能)のピアノの需要が増えています。音量の問題でお悩みの方が多いからですが、サイレント機能は後付けも可能です。まずは、ピアノを置かれる環境からご相談下さい。
消音ユニット ピアメイトRB-900 ご試弾できます♪

中古ピアノのデメリットとは?

イメージ

ヴァイオリンなどのように何百年も美しい音を響かせる楽器と違い、複雑な構造をもったピアノは、古くなれば昔どおりの音は出せなくなります。一般的には人間の寿命とほぼ同じくらい(約70年)と言えるでしょう。よって中古ピアノはリーズナブルである反面、新品ピアノに比べ使用できる期間は短いと言えます。また以前の持ち主が使用された状態を引き継いでしまうという心配もあるかと思います。しかし、一般的にそういった場合は、修理・調整されて販売されておりますし、当店では現品の状態を入念に査定したうえで買取も行っております。ご予算にあったピアノを安心して楽しんで頂くお手伝いが出来れば幸いです。

ピアノやお店はどうやって選べば良いのですか?

イメージ

ピアノはそれぞれ個性を持っていますので、新品・中古・国産・海外製にかかわらず楽器の価値を決めるのは、あくまで“音の良さ”なので、理想的には自分で弾き、耳で確かめる事です。しかし、実際にはピアノを弾いて選ぶ事の出来る方は、ごく少数です。ピアノを検討されている方の多くは、初心者の方や小さなお子様の親御様であり、中にはピアノを全く触れた記憶がないという方も珍しくありません。インターネットや周りの意見に左右されず、自らの意志でピアノを選ぶ事は思いのほか難しいのかもしれません。
そんな時に、もし必要であれば当店はピアノを選ぶ際のポイントとなる部分を新・旧・様々なピアノの実物を通して説明をしております。是非、ピアノを比較される際の参考にして頂ければ幸いです。また当店ではご購入後のアフターフォローも万全の体制で行っております。

ピアノの調律は必要ですか?必要ならどの位の割合でしたらいいですか?

イメージ

調律は、どんなピアノでも必要です。ピアノの弦には強い張力がかかっていて、放っておくと次第に緩み、音程が下がってくる為です。できれば、新しいうちは半年に1度、2~3年経て弦が落ち着いてきたら年に一度が目安となるでしょう。

  • サイレントピアノ(消音ユニット)・付属品
  • ピアノレンタル
  • よくある質問
  • ピアノ運送・引越し・保管
  • ピアノ調律

ピアノ百貨 名古屋店

tel.052-776-2525
  • 名古屋市名東区上社2ー203-1F
  • 営業時間:AM9:30~PM6:30
  • 定休日:木曜日(祝日は営業)
ページの先頭へ